EDという言葉は大人の男性であればだれでも聞いたことがあり、なおかつ気にしている人も多いのではないでしょうか。
EDとは簡単に言えば性行為をしているときにペニスが勃起しなくなる、または途中で勃起しなくなる症状を指します。
実は日本人男性は思っている以上にEDに悩んでいる人が多く、その患者数はある調査によるとおよそ1800万人いるといわれています。
日本人男性の3人に1人はEDによって悩んでいるという事になり、この数を聞くと決して他人事ではないといっても良い病気であることが分かります。

このEDを発症する原因には大きく分けると二つあります。

一つ目が心因性、つまり精神的な原因によって引き起こされるEDです。
例えばストレスや仕事に対するプレッシャーが強いと、性行為自体になかなか集中できません。
性行為に集中できない、つまりリラックスできない状態で性行為をおこなうと、なかなか勃起状態を維持できなくなります。
その状況が続くことで精神的にさらに性行為に対してプレッシャーを感じることになり、EDを発症するというわけです。

もう一つは器質的EDと呼ばれているタイプで器質的という事はつまりなにか身体的に問題があってその結果EDを発症するというタイプです。
例えば糖尿病や腎不全を発症している人はEDになりやすいといわれています。
糖尿病や腎不全になると血管自体に様々な悪影響を及ぼします。
勃起をつかさどる海綿体にはたくさんの毛細血管が流れているため、これらの病気がEDと大きく関係していることは理解できるのではないでしょうか。

EDを発症する原因としては精神的なものと身体的に問題がある場合とのほかにもう一つあって、それが混合性EDと呼ばれているものです。
混合性EDというのはその名前の通り、精神的な原因と身体的な原因が両方合わさることによって発症している状態です。
実は現在EDで悩んでいる男性の多くがこの 混合性のEDであるといわれています。

混合性EDはどのようにして判断する?

勃起をするためには二つの要素が必要です。

一つ目は性的に興奮状態にあること、つまり相手の女性を見てその女性とセックスしたいという気持ちにならないと男性器が勃起することはありません。

もう一つは勃起するためには海綿体に十分な血液が流れることが必要ですし、勃起の状態を維持し続けるためにはこの海綿体に血液が流れ続けなければいけません。

病院では混合性EDかどうかをどのようにして判断しているのでしょうか。
まず、EDになりやすい病気にかかっていないかどうかを診察や検査によって調べます。

先ほど糖尿病は器質性のEDの大きな原因ですが、もう一つ、糖尿病になると自律神経にも悪影響を及ぼすことが分かっています。
自律神経が悪影響を受けるとうつ状態になりやすくなり心因性のEDも発症する引き金となります。

そのほかにも事故などによって頭部や脊髄、骨盤などに損傷を受けて手術や治療を受けた場合もEDを発症する可能性があり、こういった場合も混合性のEDであると判断されることがあります。
器質性の場合や心因性の場合であれば専用の検査方法があって、それらで簡単に診断が可能なのですが、混合税の場合はこういった検査によって判断することがなかなか難しいです。
ですから患者が該当するか判断するためにはとにかく詳しく問診することが重要になります。
具体的な症状とはどのようなものなのか、パートナーと性行為をする場合と自分一人で自慰行為をする場合の勃起状態の違いなど、かなり踏み込んだ質問をされる場合もあります。
他人にこういったデリケートな部分を話すのは抵抗があるかもしれませんが、混合性EDをいち早く発見し、治療するためには何よりMお石に対する橋梁が必要不可欠なのです。