EDに悩んでいる男性というのは世界中におり、多くの人がその治療として薬の摂取を行っています。
そのED治療薬の中で最も有名であり、多くの人に利用されている薬がバイアグラです。
特にバイアグラの中でもシルデナフィルという薬は愛飲者が多く存在しています。
シルデナフィルを始めとするバイアグラと呼ばれるED治療薬が支持されているのにはいくつかの理由があります。

その一つが服用方法の制限が少ないということです。
バイアグラは薬ではありますが、併用禁忌が少なく、服用時間なども特に定まっていません。
もちろん推奨される時間帯はありますが、絶対にその時間に服用しなければならないということはありません。

また、バイアグラは他の薬とは違い持続時間が定まっているという特徴があります。
持続時間が短すぎて意味がなかったり、逆に長すぎて翌日以降に影響を与えてしまったりする心配が少ないです。
もちろん、摂取する人の体格や食事内容によって影響は受けますが、基本的には推奨されている通りに飲めばある程度の持続時間が決まっています。
それゆえに、時間を逆算して服用することが出来ます。

このようにEDという大きな問題を解決する薬なのにもかかわらず、併用禁忌の問題、持続時間の問題、服用方法の問題などがほとんど関係なく、自由に摂取できるというのは大きなメリットであり、手軽に入手できるという理由も相まって多くの人が使っています。
日本の場合は病院で処方されるED治療薬もバイアグラの場合がほとんどですので、利用者が多いのは当然と言えるでしょう。

また、このような薬の場合効果があるのか心配に感じる人も多いのではないでしょうか。
副作用がほとんどなく、デメリットもほとんどない薬なのにもかかわらず、バイアグラはかなりの効果を発揮します。
それゆえに、多くの利用者がいますし、日本の病院でもED治療薬として処方されています。
安全で効果もある数少ない薬の一つなのです。

バイアグラの効果は食事にどれほど影響される?

薬というのは必ずと言っていいほど効果が食事に影響されます。
それはバイアグラも例外ではありません。

しかし、バイアグラの場合は比較的影響を受けにくい薬の一つなのでそれほど気にする必要はありません。
それでもしっかりと効果を発揮するにはやはり食事の影響というのは考えておく方が良いでしょう。
バイアグラの場合、食後すぐの服用は勧められていません。
食前など空腹時の方が効果的に成分を摂取することが可能だからです。
そのため食事後2時間から3時間、時間を空けてから服用することが推奨されています。
満腹状態に比べ、空腹状態の時は薬の成分が簡単に体に吸収されます。
逆に言えば効きすぎて困るという場合は食事後に服用するという方法をとってみても良いです。

ただし、食べ物自体はそれほど問題がなくても飲み物には問題がある場合があります。
代表的なものはアルコールです。
多くの場合バイアグラを服用する時間帯は夜でしょう。
その時にビールやワイン、酎ハイなどのアルコールを含んだ飲み物を一緒に摂取してしまったり、近いインターバルで摂取してしまうのは危険です。
バイアグラに存在する数少ない併用禁忌の一つと言えます。
アルコールとバイアグラが合わさってしまうと効果が増大してしまう恐れがあります。
一見すれば良いように思えるかもしれませんが、効果が増大してしまうとその分、バイアグラが抱える副作用も多く表れてしまいます。
本来ならほとんど存在しないも同然の副作用が強く出てしまう恐れがあります。
これは非常に危険で、避ける方が良いでしょう。
アルコール類との同時摂取というのは服用方法として間違っていますので、リスクを避けるためにも避ける必要があります。