精力の減退を実感なさる男性は近年増えてきており、比較的若い世代の間でも精力減退のコンプレックスに苦しむ人々が出て来ました。
若者の草食化といった言葉がよく語られますが、単純に恋愛やセックスに対して無関心な若い男性が増えたのではなく、精力減退によって必然的に異性に関心を失っている可能性が高いです。

精力減退が起きる原因ですが、基本的には加齢による影響が主となります。
20代後半から30代でも、既に男性の生殖機能は加齢の影響を受けており、有り体に言えば下半身の機能の老化が始まっています。
生殖機能の老化は個人差が激しく20代にも関わらず、精力を著しく失う方もいれば、反対に40代から50代でも若者並の精力を自然と保てる方もいます。

テストステロンの値が若い頃は高いバランスで保たれますが、年齢を重ねるたびに徐々にこの値が減っていきます。
完全にテストステロンの分泌量がなくなる事はありませんが、加齢やストレスの影響で、ホルモン分泌の値がアンバランスになったり、慢性的に低水準に陥ります。
テストステロンは男らしい筋肉質な体を作る事や生殖機能を維持する事、精力の源である勃起力や精液の量に影響します。
テストステロンの分泌量はいわゆる思春期の頃から増大し、20代前半の時期までは自然と高水準になります。

その後、20代中盤から後半にかけて緩やかに分泌量が低下していき、30代を迎えると急激に低下します。
個人差は見られますが、30代に一つ、大きな境目があります。

活発で精力旺盛な若者も30代になると、落ち着いた雰囲気になる、と世間では言われていますが、テストステロンの分泌量が減る事で、攻撃的な性格が穏やかになり、恋愛やセックスへの興味が減り、周囲からは丸くなった様に映ります。
ただ、性格が穏やかになる事は良い事ですが、テストステロンの分泌量が激減するのは、やはり男性個人として好ましくないです。
加齢が主な原因であり、成人男性である以上、誰もが生殖機能のコンプレックスを抱えます。

生活習慣が精力減退へ繋がることもある

加齢以外にも生活習慣が原因で、精力減退が起きることもあります。
例えば、最も大きく生殖機能にダメージを与えるのがストレスです。
ストレスは万病のもとであり、心労が蓄積していると自律神経が乱れていき、男性機能にも大きな打撃を与えます。
ストレス解消をまるでせずに仕事に打ち込んでいると、勃起したいと思っても、勃起する事が出来ない体になります。

セックスへのモチベーションが十分あったとしても、自律神経のバランスがストレスの影響で乱れていると、勃起力が不安定になったり、著しく低下しますので、あまりにもストイックでワーカホリックな生活習慣を過ごしている男性は要注意です。
仕事を第一に考える男性は世の中に多いですが、知らず知らずのうちに自らストレスをため込み、精力減退の原因を作り出してしまっています。
長時間労働とストレスの2つが組み合わせると、ほぼ確実に生殖機能にダメージが及びます。

他にも食生活のバランスが悪い事も精力減退の原因です。
多忙な男性は菓子パンやファストフード、冷凍食品やレトルト食品、そしてコンビニ弁当をよく利用します。
これらの食品は利便性は最高ですが、栄養バランスにやや偏りが見られます。
塩分や糖質、そして脂質が高めです。
そしてカロリーも比較的高く、生活習慣病の原因となります。
肥満や塩分過多、そして生活習慣病の男性は精力減退を同時に感じやすく、毎日栄養バランスが悪い食生活を続けていると、やはり年齢に関係なく生殖機能が不安定になります。

また精力の源である鉄分やミネラルや葉酸などの成分は、コンビニ弁当やファストフードには殆ど含まれていません。
生殖機能を正しく維持するためには新鮮な緑黄色野菜の摂取が欠かせません。