仕事や遊びの疲れ、また加齢による精力減退というのは避けられないものです。
精力がなければ、パートナーとの性生活が上手くいきませんので、その他の関係性を崩す事にもなりかねません。
精力は食生活を見直すことによって増強する事が可能です。
ここでは、精力増強に効果がある食べ物についてご紹介していきたいと思います。

まず精力回復に欠かせない食べ物として牡蠣があります。
牡蠣には多くの亜鉛が含まれており、精力増大に効果があります。
さらにカルシウムが多く、精神安定効果が見込めますので、ストレスによる精力減退の改善につながります。
神経系の働きを良くするマグネシウムも多く含まれています。
その他、タウリンや鉄、グリコーゲンなどにも効果が期待できます。

次にクラチャイダムです。
クラチャイダムは男性の力の源と言われているアルギニンが多く、スタミナ増強の効果がある様々な成分が含まれています。

日本人が昔から疲労回復や精力アップにつながる食べ物として認識しているのがにんにくです。
にんにくには血管拡張作用があるアリシンが含まれており、神経系を刺激します。
にんにくを食べる場合には、摂りすぎると止血しにくくなったり、腸内環境が悪化し、善玉菌の減少などが引き起こされますので、火を通し、量にも注意しましょう。

日本では土用の丑の日に食べるうなぎも効果的です。
うなぎに含まれているビタミンA、ビタミンB、ビタミンEは生殖機能の活性化を促し、EPAは血液をサラサラにし、DHAは血流を良くします。

日本では縄文時代から食べられている食べ物が山芋です。
山芋は消化不良を改善し、新陳代謝の働きを活発にします。
山芋には性欲増大の効果があるムチンとアルギニンが多く含まれています。

レバーは血液の働きを助ける重要な食べ物ですがその中でも豚レバーは精力増強に効果があります。
豚レバーには鉄分と共に多くの亜鉛を含んでいますので、精力回復に最適です。

ニラにはアリシンが含まれており、糖質を効率よくエネルギーに変えますので、滋養強壮や疲労回復に効果があります。

今夜作れる精力増強食事レシピの紹介

これまで紹介してきた食べ物を利用して、すぐに作れる料理の紹介もしていきます。

まずレバニラです。
レバーに含まれている亜鉛とにんにくや玉ねぎを一緒に炒める事によって非常に高い効果が期待できます。

次に山芋納豆おくらです。
山芋や納豆、おくらのようなねばねばの食材には血液をサラサラにするムチンが含まれています。
血行不良が精力減退の一つとなりますので、ムチンを効率よく摂取する事によって大きな効果が見込めます。

牡蠣とアスパラガスのアヒージョも効果があります。
牡蠣には男性ホルモンを増加する亜鉛が豊富に含まれています。
精力増強に効果がある鉄分やタウリンも多く、アスパラギン酸というエネルギー代謝を促す成分が含まれているアスパラガスにも精力アップの大きな効果があります。

にんにくとの相性も抜群です。

アスパラガスを簡単に利用しようと思えば、アスパラガスのゴマ和えなども効果的です。
ゴマには血液をサラサラにする亜鉛や鉄分が非常に多く含まれています。
近年精力増進に効果がある事が確認されてる食材の一つで、疲労回復に効果があると言われているビタミンB群が含まれています。
和えるだけで可能で、アスパラガスとの相性が良いと言えます。

土用の丑の日に食べる事で知られるうなぎもかなり効果の高い食材で、かば焼きや白焼き、うな重など料理の仕方も様々です。
特別な日などお店で食べる料理としても良いのではないでしょうか。

注意しなければならない食べ物として、コンビニ弁当や加工肉など食品添加物が多く含まれていたり、ポテトチップスやフライドポテトなどトランス脂肪酸が多い揚げ物などはミネラルの不足を引き起こしますので、精力減退につながり注意が必要です。